日々の生活でみつけたお役立ち情報を発信します

なかじのブログ

未分類

能年玲奈(のん)の現在【2020年】年収がすごい!?消えた理由は洗脳?

投稿日:

能年玲奈(のん)さんが2020年3月6日公開の映画「星屑の町」でヒロインを務めて話題になっています。

能年玲奈(のん)さんが実写劇場映画に出演するのは6年ぶりになります。

能年玲奈(のん)さんは2013年に放送られたNHKの朝ドラ「あまちゃん」でブレイクし、国民的女優になりました。

しかし2015年4月に所属事務所「レプロエンターテイメント」からの独立騒動により、以前のようにテレビドラマで主演を務めることがなくなっています。

2016年にレプロエンターテイメントとの契約が終了してからは「能年玲奈」は本名であるにもかかわらず、前事務所より「能年玲奈」という名前で芸能活動をするには許可が必要と警告されたため、「のん」という名前で活動されています。

今回は能年玲奈(のん)さんの2020年現在の活動や年収、また洗脳騒動について調べてみました。

スポンサーリンク

 

能年玲奈(のん)の現在【2020年】年収がすごい!?

 

この投稿をInstagramで見る

 

#Repost @speedygallery with @get_repost ・・・ 劇映画「星屑の町」 いよいよ、今週金曜日3月6日公開! ■25年愛された舞台が映画化! 劇作家・演出家の水谷龍二とラサール石井、小宮孝泰が、「笑ってホロリとする作品」を作ることを目指し結成したユニット「星屑の会」によって1994年に第1作「星屑の町・山田修とハローナイツ物語」を上演。その後25年に亘って愛され続けた舞台「星屑の町」シリーズ(全7作)が、ハローナイツのメンバー変わらず、ヒロインに"のん"を迎えて遂に映画化! ■時代を超えて復活!昭和歌謡の名曲たち♪ 「恋の季節」「宗右衛門町ブルース」「ほんきかしら」「新宿の女」「中の島ブルース」など、聴けば誰もが耳にしたことのある昭和歌謡が続々と登場!!歌から生きる元気・勇気をもらった昭和という時代。その時代を彩った名曲が、令和に蘇る。さらに、「山田修とハローナイツ」として96年に発売した「MISS YOU」、オリジナル楽曲として「シャボン玉」にも注目。 https://hoshikuzu-movie.jp/

のん(@non_kamo_ne)がシェアした投稿 -

 

 

 

 

能年玲奈(のん)さんは先進的な企業やアジアからもCMの依頼が多くあり、スケジュールも埋まっている状態だそうです。

能年玲奈(のん)さんは「ユニクロ」やネット印刷「ラクスル」のCMに出演されているので、最近はテレビCMではよくみかけますね。

しかしながら、能年玲奈(のん)さんへのテレビドラマのオファーは多く来るにもかかわらず、数週間後になぜか発注側から「なかったことにしてほしい」といわれ、立ち消えてしまう状態であることを、能年玲奈(のん)さんと独占マネジメント契約を結んでいる「株式会社スピーディー」の福田淳代表が明かしています。

能年玲奈(のん)さんがテレビドラマでは見れなくなりましたが、多数のCM、雑誌のカバーや広告の仕事をされており、かなりの年収になると思われます。

しかもマネジメント契約を結んでいるものの、個人事務所なので出演料の取り分も大きいと思われます。

能年玲奈(のん)さん自身に大きな収入が入ってきているでしょう。


2019年12月に行われた長編アニメ映画「この世界の片隅に」のチャリティー試写会では、能年玲奈(のん)さんが天皇皇后両陛下と愛子さまをお出迎えし、愛子さまは能年玲奈(のん)さんの隣の席で映画を鑑賞されていました。

能年玲奈(のん)さんは大人の事情で地上波のテレビ番組ではみられなくなりましたが、地上波以外のメディアで活躍し続けています。

 

能年玲奈(のん)が消えた理由は洗脳?

能年玲奈(のん)の洗脳報道

能年玲奈(のん)さんの事務所独立騒動を裏で手を引いていたといわれてる女性がいます。

「魅力開発トレーナー」という肩書をもつ滝沢充子さん。

能年玲奈(のん)さんが所属事務所「レプロエンターテイメント」と契約中であるにもかかわらず無断で個人事務所を設立したことで、独立騒動が勃発しました。

能年玲奈(のん)さんが設立した個人事務所名が「三毛猫とかりんとう」という不思議な名前。

能年玲奈(のん)さんが代表取締役で、滝沢充子さんは取締役として名を連ねていました。

天然キャラの能年玲奈(のん)さんが法人登記などの手続きを行えるはずがなく、滝沢充子さんが入れ知恵したのではないかとの憶測が飛びました。

能年玲奈(のん)さんは滝沢充子さんから長年にわたり演技指導を受けており、NHKの朝ドラ「あまちゃん」のオーディションに受かったのも滝沢さんのおかげともいえます。

能年玲奈(のん)さんは滝沢充子さんを東京のお母さんとして慕い、プライベートでも滝沢さんといつも一緒で同居しているともいわれていました。

能年玲奈(のん)さんは次第に所属事務所ではなく滝沢充子さんの言うことに従うようになり、仕事のオファーはまず滝沢さんに相談し、滝沢さんがOKしなければ仕事のオファーを断るようになったといいます。

そのため、「滝沢充子さんに洗脳されているのでは」と報道されました。

のちに「洗脳」については、能年玲奈(のん)さんの母親が洗脳は一切ないと否定しています。

この洗脳報道については、前の所属事務所が能年玲奈(のん)さんを潰すために仕組んだのではなかともいわれています。

能年玲奈(のん)がテレビから消えた理由

能年玲奈(のん)さんがテレビから消えた理由は、洗脳報道というよりは、能年玲奈(のん)さんが無断で個人事務所を立ち上げて所属事務所と揉めたことが原因です。

能年玲奈(のん)さんは多数のCMや広告の仕事をされており、日本のみならずアジアでも活躍されています。

広告の仕事はクライアントの意向が強く反映されますが、地上波のテレビ番組はテレビ局が多方面に忖度するため、現場が能年玲奈(のん)さんの出演を望んでも、上層部で却下される事態になるようです。

また、能年玲奈(のん)さん自身もテレビの仕事にこだわっていないとも言われています。

能年玲奈(のん)さんは地上波のテレビ番組に出演されていなくても、その圧倒的な輝きは失われることなくむしろ増しているので、今後もさまざまなメディアで活躍されるのではないでしょうか。

 

まとめ


能年玲奈(のん)さんは2015年の所属事務所独立騒動により、以前のようにテレビドラマで主演を務めることがなくなっていますが、現在も多数のCMや広告の仕事をされており、日本のみならずアジアでも活躍されています。

また、テレビドラマで能年玲奈(のん)さんが見れなくなったのは、能年玲奈(のん)さんの恩師である滝沢充子さんによる洗脳が原因ではなく、地上波のテレビ局が前の所属事務所を忖度し、上層部が能年玲奈(のん)さんの出演を却下しているためとみられています。

今後も能年玲奈(のん)さんの多方面での活躍に注目していきたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

よろしければこちらの「あの人は今」シリーズの関連記事もどうぞ!

スポンサーリンク

-未分類

Copyright© なかじのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.